海外で学びたい方必見!留学をする前に知っておきたいこと

保護者とお子さんが一緒に!今は親子留学もある

親子留学というのもあるのをご存知でしょうか。親子留学とは、保護者や子どもが一緒になり参加するプログラムです。親は語学学校もしくは正規学校に通い、その間に子どもは保育園や幼稚園、託児所、小学校に通うのが通常です。

親子留学に参加する子どもの年齢は、目安として2歳から10歳程度となります。本人がどの程度自立しているか、留学への意欲をもっているかにもよるのですが、10歳以上となると、単身での留学をする子どもが多くなります。

親子留学は最短で1週間ほどでき、プログラムの受講については特別に資格や高い語学力を要求されることはありません。よって、誰であっても気軽に参加できるでしょう。年間を通していつでも留学できるのですが、日本人の渡航の多くは夏休みや年末年始といった休暇のシーズンに集中します。

長期留学や海外移住をしようとしている家庭にとっては、現地での生活を試験的に実践できる機会となります。滞在先については、ホームステイやアパート、コンドミニアム、ホテル等広範囲にわたる選択肢の中から選べるのがポイントです。

特にホームステイが多く利用されていて、ネイティブスピーカーが普段から使っている生の英語に触れられますし、その土地独自の文化や生活習慣も体感できます。ホストファミリーにも子どもと同年齢くらいの子どもがいれば、その土地での子どものしつけ方や日本とどう違うのかという点も学べます。

親子留学は、『親中心型』と言って親がやりたいことを優先させる手段と、子どもが興味のあることや親が子にさせたいことを優先させる『子ども中心型』に分かれるのがポイントです。

これまでの親子留学と言えば親が主役となっていましたが、この頃では子どもの教育もしくは成長を主軸として、留学を決意する親も多くなっているのです。なぜこういった状況になっているかと言うと、小学校での外国語の必修化があり早めのうちに自身の子どもに生の英語に触れさせようという狙いもあると考えられます。

親子留学をするメリットはと言うと、いつでも誰かが付いていてくれるので安心できて、子どもものびのびと海外での生活を楽しめる点にあります。頼りになるサポーターが後ろで控えてくれているので、世界各地から集まる多くの友達やホストファミリーと交流するのを通じて、国や文化を超えたコミュニケーションが楽しいものであると実感できるのです。

それに、帰国をした後にも英語に親しみを持つようになり、英語学習への意欲も上がるのではないでしょうか。子どもにしてみれば、親子留学は英語を好きになることや、視野が広がるきっかけとなると思います。

いずれは、海外の大学を志望するようになったり、国際的な仕事をするようになる可能性も出てくるでしょう。例えば子どもが6歳未満なら、親は語学学校に通い、子どもは託児所に預けられるというケースがあります。

託児所では教育は行いませんが、地元の子どもたちも多く集まっているので、自然と英語に親しんでいけます。