海外で学びたい方必見!留学をする前に知っておきたいこと

ここも重要!留学の際のお金はどんな事情になっているのか

留学をしたいなら、費用面についても考える必要があります。留学費用というのは、渡航前と渡航後で分けられます。渡航前にかかるのは航空運賃や海外留学保険、パスポートやビザ申請などの諸手続き費用、健康診断受診料などがあります。

この段階では、情報の収集や入学手続きなどの準備の際に工夫をして節約をしている方も少なくありません。渡航後には、授業料や滞在費、交通費に通信費、食費、小遣いなどが必要になってきます。

個人によって大きく差が出るのは、留学先に渡航した後なのです。留学先の国や地域、学校の種類、留学期間、滞在施設、それぞれのライフスタイル、生活パターンで変わってくるものです。

留学生活が終わるまでに、一体どの程度のお金が必要になるかは、大体は検討をしておくことや予算を立てておくのが賢明です。中には、できるだけお金を使わずに長めに留学したいと考える方もいるでしょう。

とは言え、極端に無謀と言える資金計画で留学するのは避けるようにするのが大事です。留学をしている間には色々な出来事が起こりますし、思わぬ出費もあるかもしれません。生活費を切り詰めたとして健康を害してしまう可能性もあります。

それに、安全管理の面にあまり気を配れずに危険に晒されてしまうのであれば、留学をした目的自体を達成できなくなってしまう恐れもあるのです。はっきりとした留学の目的を持って、それを達成するための資金を確保することこそ、留学生活を安定させるためには大事になります。

資金が足りないなと感じられるようであれば、日本でお金を稼いで準備をするのがポイントであり、留学をしたいのであれば、それ位の心構えや目的意識を持って行動するのが必要になってきます。

短期間の語学留学ならば、留学をしようと思い立った後からでも普段からの貯蓄やアルバイトなどで貯められます。それでも長期の場合には、一度にまとまったお金が必要になってくるものです。

よって、資金を確保する面にも気を配らなければいけません。安直に現地での奨学金もしくはアルバイトなどを期待して端から資金計画の1つとするのはNGだという点は、覚えておきましょう。

留学生のアルバイトが制限や禁止されている国および学校が多いのです。日本から申込める奨学金は、外国政府や日本政府、地方公共団体などの公的な団体もありますし、民間の団体のものもあります。

応募資格については、学歴や語学力、研究歴、専攻などの限定があるものが多いです。申込むなら、それぞれに問い合わせるのが適しています。奨学金の内容に関しても様々あります。

授業料の一部か全額が免除となるものもありますし、生活費も援助してくれる種類もあります。それに、奨学金だけでなく教育ローンを利用する手段もあります。国が貸主となるものや、民間の金融機関が貸しているものもあります。

そして、保護者の方に貸すタイプと本人が借りるタイプにも分けられます。一般的に特に金利が安いとされているのは、国民生活金融公庫の教育ローンです。