海外で学びたい方必見!留学をする前に知っておきたいこと

語学学校を選ぼう!その際の注意点とは

語学学校を選ぶ際の、注意点やチェックポイントを見ていきましょう。まず、語学学校の規模や学生数を確認します。語学学校の規模というのは、小規模な学生数数十名というものや、規模の大きな数百名が学ぶような学校まであります。

大規模な学校では、開講となるコースの種類やクラスのレベルも細かに分けられているのが特徴です。多数の学生が学ぶなかで、仲間同士で助け合うことや、競い合いながら学んでいけます。

学生の中には日本人がどの程度いるのかを気にする方もいますが、授業中に関しては英語のみを話すのが前提となっているため、学校の規模とは関係がないのです。クラスの中に日本人が多くいたとしても、それぞれが尊重し合う気持ちを持って、きちんと目的を持ち学ぶのであれば、学びの環境としては良いものと言えます。

反対に規模の小さい学校なら、開講されるコースにいくらか制限はあるのですが、1クラスにいる生徒数が平均して少ないという点もあり、教師と学生も良好なコミュニケーションができると考えられ、アットホームな雰囲気も感じられるのではないでしょうか。

また、受講するコースの授業数および授業の内容もチェックする必要があります。学校や受講するコース内容によって授業数やレッスン内容も色々とありますが、一般的には、週15時間から30時間くらいまでとなっています。

週15時間のコースでは、毎日午前もしくは午後に3時間ほどレッスンがあります。週30時間では、1日で6時間のレッスンとなります。一般的に語学学校では、多くが留学生のために現地での文化交流が目的とされるアクティビティの用意があります。

なので、どの様なアクティビティになるのかは、前もって確認しておくのが賢明です。自分に合う授業日数とレッスンの内容に関しては、各自の目的やライフスタイルも関わってくるでしょう。

それに、授業数次第では学生ビザを取得する必要が出てくる可能性もあります。さらに、入学時期や期間も確認しなければいけません。自分が留学をしたい時期に受講したいコースが開講されるのかもチェックが必須です。

私立の語学学校ならば、年間を通して開始日が色々と設定してあり、多いのが特徴です。そして、期間についても柔軟になっているので、選ぶのに困ることはないと思われます。大学付属の語学学校なら、多くが大学のスケジュール次第で英語学校のコーススケジュールも組まれています。

大学が2学期制なのか4学期制なのかによっても、開始日およびコース期間が変わってきます。通常は大学付属の方が開講日が少ないので、前もってしっかりとスケジューリングをするのが大事です。

語学学校という特性もあり、一般的に英語のレベルが入学条件となっている学校はさほどありません。出願をする際には、希望のコースがどういった入学条件であるかを確認するのは大切です。

一般英語コースなら、大体の希望者は入学できると思われますが、進学準備コースやビジネス英語コースなどの専門英語コースなら、TOEFULなどといった英語力が必要になるケースもあるからです。

英語力だけでなく、最低年齢が設定されているパターンもあります。